キャッシングとは何かを知るためにカードローンと比較して考えると良い

キャッシングとは、カードローンと似ていることから混同して使用されることが多い借入です。本来の意味を知るためには、カードローンとの違いを明らかにすると分かりやすいでしょう。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、全体の利用可能枠のうち一部をキャッシング枠として設定しています。本来の意味で使うキャッシングとは、クレジットカードのキャッシング枠を利用して借入を行なうことです。
このため、翌月一括払いが基本となるので、分割払いを行なうカードローンとは性格が異なる借入となります。キャッシングを行なうとは、翌月一括払い出来る範囲内で行なう借入に対して使われる言葉だからです。
カードローンは、利用可能枠の範囲内で繰り返し借入を行えるので、分割払いやリボ払いを前提とした借入です。キャッシングが一括払いを前提としてることと比較すれば、カードローンでは大きな金額を借金として重ねることが出来ます。
キャッシングは、翌月一括払い出来る範囲内ですから、元々クレジットカードのキャッシング枠は月収を超えない程度に限度額が抑えられているわけです。
リボ払いが可能となっているキャッシングについては、カードローンと同様の性格を持っているので、同じ意味の言葉として使っているケースと考えられます。