東京で家族葬!規模ってどれくらい?

東京で家族葬!規模ってどれくらい?

今は東京でも、終活という「自分の最期をどのようにするか」という活動も盛んになってきているようです。

その中で葬儀の方法も多様化されてきています。

特に家族葬などは90年代後半から使われてきた造語で葬儀が社会儀礼だったものから個人化することで登場したそうです。

この家族葬という言葉は、「優しい響きがする」「温かいイメージがある」など一般的に受け入れられやすかったため東京では急速に使われるようになったようです。

しかし、言葉ばかりが独り歩きしているとこもあり、「どういう葬儀なのですか?」という方も多いそうで、火葬のみや宗教色がないスタイルで行う葬儀を思い浮かべる人も少なくないようです。

家族葬は宗教形態や葬儀形態を表すものではなく、一般的な葬儀の小型版という感じで、火葬、通夜告別式などといったことは通常通り行うそうです。

少人数といっても規模は人により様々で家族だけが行うこともあれば、友人・知人が30~40名程度集まる場合もあります。

故人の日ごろのお付き合いの程度によって規模は異なるそうです。


Comments are closed.