東京での家族葬に弔電はマナー違反!?

東京での家族葬に弔電はマナー違反!?

東京での家族葬のマナーとは周りへの配慮だけなのでしょうか。

服装などのマナーもあるでしょう。

家族葬の服装は、「親族だけなのでどんな服装でもいいのではないか。

」と思う人もいるかもしれませんが、葬儀なのでやはり通常の葬儀と同じように黒い服か喪服を着るようにしましょう。

葬儀に招かれた場合には、香典を包む場合が多いものです。

葬儀を行う場合、参列しない人に対しては、身内で家族葬を行うことを伝え、「ご会葬もお供物もご辞退させていただきます。

」と連絡することがマナーです。

弔電はお通夜や葬儀に日程などの都合によりどうしても出席できない場合の代用になるものです。

東京での家族葬の場合は弔電やお供え物、弔問といったものも辞退されることが多いですが、弔電を送ることはマナー違反ではないそうです。

弔電はお通夜か告別式が始まる前に届くようにすることが望ましいようですので、弔電を送ろうと思っている方は、早めに送ったほうが良いのではないでしょうか。


Comments are closed.