家族葬の流れってどうなのですか?IN東京

家族葬の流れってどうなのですか?IN東京

みなさんは家族葬という言葉を聞いたことがありますか。

家族葬とは、家族や身近な友人とのお別れを最優先に考え、儀礼的な弔問などをなくして家族中心に行う葬儀のことを言います。

一般の葬儀を小さくしたものと捉えるのが適切で多くの場合、通夜や葬儀、告別式や火葬というセレモニーは通常通り行うそうです。

友人や知人には全く声をかけないで家族と親族だけで行ったり、故人と親しかった友人だけを呼んだりという規模が小さい形式になるので、東京でも一般よりも安く行えるそうです。

逝去日には、病院で亡くなった場合寝台車で迎えに行き、病院では遺体安置ができないので、自宅か専用の安置所に搬送する必要があるそうです。

もしも、その時に決まっていない場合は迎えに来たときに案内し即時決定搬送してくれるそうです。

日本では、24時間以上安置しておかなければいけないという法律があることをご存知ですか。

24時間以上の安置後に故人をお棺に納棺するそうです。

祭儀場まで寝台車で遺体搬送をし、通夜を行い、翌日斎場で告別式を行います。

その後、スタッフが故人を寝台車で火葬場まで搬送し火葬を行ってくれます。

火葬が終わった後支払いというのが東京でも一般的な流れだそうです。


Comments are closed.