月別: 2017年11月

キャッシング機能が止められてしまう二つのパターン

いくつかの条件が揃うとカードローン会社からキャッシングができないようにされることがあります。その中でもっともよくあるケースが、返済が遅れてしまったため、カードの機能を止められたというパターンです。
ただ、止められたといってもこのケースはそれほど深刻ではありません。契約自体はそのままで、返済をすればすべて元通りになるからです。
問題はカード会社から契約が破棄されてキャッシングができないようにされてしまったケースです。
この場合、基本的にカードは返済時にしか使えなくなります。そして、返済し続けたとしてもキャッシング機能が復活することはありません。数回程度の延滞でこのような事態を招くことはまずありませんが、一ヶ月間を超えて延滞してしまったり、あるいは数週間程度の延滞を何回も繰り返すとカードが完全に止められてしまうことになります。
また、場合によってはカード機能を止められたあと、ATMにカードを挿入してもなにも操作できず、カードが出てこなくなることもあります。
これはATMが故障したのではなく、カード会社によってカードを回収されてしまったということです。この場合、銀行振込などで返済していくしかありません。
こういう事態を招かないよう、返済はきちんと行うようにしましょう。

返済が遅れてキャッシング機能が止められた場合の対応

クレジットカードは返済の遅れに比較的寛容で、返済日に銀行口座から引き落とせなかった場合でもカード機能は停止せず、カード会社から勤務先に電話がかかってくることもありません。
しかし、カードローンの場合、返済期日までにお金を返すことができないと、すぐにカード機能が停止し、自宅や勤務先に電話がかかってくることになります。
では、キャッシング機能が止められた場合はどうすればいいのでしょうか。
復活させるためのもっとも簡単な方法は、お金を返済することです。わざわざキャッシング業者に「返済が遅れてしまい、すみません」と謝らなくても、ATMから入金すれば、すぐにキャッシング機能が使えるようになります。
問題は止められたあと、すぐに返済できない場合です。この場合、キャッシング機能を止められた時点で、自分からカードローン会社に電話をした方がいいでしょう。そうすれば、カードローン会社の方から勤務先や自宅に連絡されることを防げます。
電話をしたら、オペレーターに対していつまでに返済できるのかを伝えましょう。必ずしも、今日、明日、すぐに返すという必要はありません。
たとえば、一週間後、あるいは10日後に返すといっても受け入れてくれます。返済できないのにすぐ返すといってしまい、返せないと状況は悪化するので注意しましょう。

当日キャッシングについて

当日、キャッシングに対応している金融会社は存在していて近年では大手の金融会社のほとんどが当日のキャッシングが可能となっています。
しかし、当日にキャッシングが必要な場合は、14時までに申し込みを完了させておく必要があります。一番簡単な方法は、スマートフォンやパソコンからWebでの申し込みをしておき、審査を通過したのちに最寄りのATMやコンビニへ行くという方法です。
この方法でやれば、来店不要で当日にお金を借りることが可能です。しかし、14時を過ぎても当日キャッシングが可能です。
これは、上で書いたようにWebでの申し込み審査に通過するまでは同じなのですが、そこから自動契約機へ向かい当日キャッシングが可能です。自動契約機を使えば、申し込みから審査、カードの発行。専用ATMでキャッシングまで行うことが出来ますが30分程度の所要時間を必要とします。
なので、待ち時間が少なくすぐに手続きできるので便利です。これらのように、自動契約機までわざわざ行くよりもWebで申し込みを済ましておくことでスムーズな当日キャッシングが可能になります。自動契約機まで出向けば、当日でも朝夜限らずキャッシングが利用できるので便利です。

キャッシングとは何かを知るためにカードローンと比較して考えると良い

キャッシングとは、カードローンと似ていることから混同して使用されることが多い借入です。本来の意味を知るためには、カードローンとの違いを明らかにすると分かりやすいでしょう。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、全体の利用可能枠のうち一部をキャッシング枠として設定しています。本来の意味で使うキャッシングとは、クレジットカードのキャッシング枠を利用して借入を行なうことです。
このため、翌月一括払いが基本となるので、分割払いを行なうカードローンとは性格が異なる借入となります。キャッシングを行なうとは、翌月一括払い出来る範囲内で行なう借入に対して使われる言葉だからです。
カードローンは、利用可能枠の範囲内で繰り返し借入を行えるので、分割払いやリボ払いを前提とした借入です。キャッシングが一括払いを前提としてることと比較すれば、カードローンでは大きな金額を借金として重ねることが出来ます。
キャッシングは、翌月一括払い出来る範囲内ですから、元々クレジットカードのキャッシング枠は月収を超えない程度に限度額が抑えられているわけです。
リボ払いが可能となっているキャッシングについては、カードローンと同様の性格を持っているので、同じ意味の言葉として使っているケースと考えられます。

便利に利用できるキャッシングとは

キャッシングとは、急に手元にお金が必要になった時、素早く手軽にお金を借りることができるサービスです。
あらかじめ金融機関に申し込んで審査を受け、カードを作っておくと、いつでも利用できるので便利です。キャッシングとは主に、消費者金融や銀行が提供するカードローンと、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能の2種類があります。カードローンの場合は、借り入れを何度か繰り返す予定があったり、現金が必要になる事態に備えておきたい時に向いています。
返済方法は翌日一括払いが基本で、借り入れた金額に利息を加えて金融機関に返済します。複数回に分けて支払う方法よりも、1回の返済金額が大きくなる傾向にありますが、利息の計算がしやすく返済計画を建てやすい利点もあるのが特徴です。
キャッシングとは、手軽に少額のお金を借りたい場合に便利ですが、利息が加わるため借り方や返し方をきちんと把握しておくことが大切です。
初めて利用する場合におすすめなのは、低金利で収入証明書などが必要ない銀行系のカードローンです。近年ではサービスが向上し、24時間いつでも申し込みを受け付けているところや、最短で即日審査可能の金融機関も多く存在しています。